ナビゲーションをスキップする

東京・神奈川・千葉
おすすめ観光ルート

東京・神奈川・千葉の海に関連したTOKYO2020大会の施設と周辺観光スポットを巡る

東京の食を支える豊洲市場や日本を代表するデジタルアートに触れながら、オリンピックで沸いた江の島で湘南の風を感じて頂きます。多くの競技が開催された千葉幕張エリアを回遊し、海周辺のそれぞれの地域に根付いた文化に触れることができるルートです。

ポイント

  • 神奈川県の江の島ではセーリング、千葉県の幕張メッセではテコンドーなど数多くの競技が開催され、開放的な場所で大会関連施設を巡ることができるルートです。
  • 場所を変え東京の食について発信する豊洲市場や日本を代表するデジタルアートなど新たな日本のカルチャー発信の場として注目の豊洲を皮切りに、東京から気軽に行ける観光地である江の島や幕張では潮風を感じながら大会関連施設とその周辺観光スポットを巡ることができます。

モデルルート※時間と交通手段は目安です。

1日目

AM
9:00~

チームラボプラネッツ TOKYO

超巨大な4つの作品空間と2つの庭園からなる「水に入るミュージアムと花と一体化する庭園 」。人々は、他者と共に「Body Immersive」というコンセプトの超巨大な作品に身体ごと没入することによって、身体と作品との境界を曖昧にし、自分と他者と世界との境界を連続的なものに変え、私たちと世界との境界のない新しい関係を模索する。はだしとなって、身体ごと没入し、他者と共に世界と一体となる。

写真提供:「チームラボプラネッツ」 東京 豊洲 © チームラボ
チームラボプラネッツ TOKYO
住所:
東京都江東区豊洲6丁目1-16 teamLab Planets TOKYO
徒歩

徒歩

AM
10:15~

豊洲市場

築地市場の代替として建設され、2018年に開場しました。競りの見学をすることもできます。イベント、物販・飲食店舗は一般消費者や観光客も楽しむことができます。

写真提供:東京都中央卸売市場
豊洲市場
所在地:
東京都江東区豊洲6-6-1
公式サイト:

PM
12:00~

バス+鉄道+徒歩

PM
13:30~

江の島ヨットハーバー

神奈川県藤沢市の江の島の中にある日本最大級の公共ヨットハーバーで、1964年のオリンピックセーリング競技の会場として建設されました。東京2020大会では、2回目のセーリング競技が開催されました。

江の島ヨットハーバー
住所:
神奈川県藤沢市江の島1-12-2

恋人の丘 龍恋の鐘

江の島に残る「天女と五頭龍」の恋物語にちなんで造られたもので、その伝説にあやかろうと多くの若者やカップルが訪れて鐘を鳴らしています。また、鐘の下のフェンスには恋人達によってかけられた南京錠がたくさんあり、眺望もすばらしく晴れた日には伊豆大島が望めます。

写真提供:© 公益社団法人藤沢市観光協会
恋人の丘 龍恋の鐘
所在地:
神奈川県藤沢市江の島2丁目5

PM
15:55~

徒歩+バス+鉄道

PM
17:20~

東京駅周辺

東京駅周辺にて夕食+宿泊

東京駅周辺
所在地:
東京都千代田区丸の内1丁目

2日目

AM
9:30~

鉄道

AM
10:30~

幕張メッセ

東京2020大会ではテコンドー、レスリング、フェンシング、シッティングバレーボール、ゴールボールといった数多くの競技の会場として使用されました。周辺地域には大型ショッピングモールで食事や買い物などが楽しめます。また幕張海浜公園、幕張の浜ではゆったりとした時間を過ごすことができます。

幕張メッセ
住所:
千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1
公式サイト:

PM
14:00~

鉄道

PM
14:30~

葛西臨海公園

葛西臨海公園内には大観覧車や葛西臨海水族園があり、東京2020大会のカヌー(スラローム)で使用されたカヌー・スラロームセンターが隣接しています。

葛西臨海公園
住所:
東京都江戸川区臨海町六丁目

PM
17:00~

鉄道

鉄道移動で帰路へ

おすすめ観光ルート
紹介へ戻る
ページトップへ